こんな話あんな話

15回本屋大賞で第2位にランクインし、NHKBSで放送された「盤上の向日葵」を見て、『真剣師 小池重明』をもう一度読んでみたくなりました。
登場人物の竹中直人氏が演じている「東明重慶」が“小池重明”をイメージしていると分かったからです。

本棚の中を探しても見つからない・・・数日後、ふと思い出しました「文庫本」だったことを。
最近では、本を読むのは通勤電車か仕事中の移動時間です。

確かにおもしろい、久しぶりにチャンと読むことが出来てなんか嬉しかったですよ。

////////////////////////////////////////////////////////////////

就いた職業は無数、人妻との駆け落ちは三回。
寸借詐欺騒動を起こし、新聞沙汰にもなった。
逃亡と放浪を繰り返したが、将棋だけには破格の才能を持っていた男・小池重明。
プロ棋士を次々となぎ倒し、新宿の”殺し屋“と呼ばれた伝説の将棋ギャンブラーが、闇の世界で繰り広げた戦いと破滅の軌跡を描く傑作長編。話題のベストセラー待望の文庫化!

真剣師 小池重明』  団鬼六 著

あんな人こんな人


戻る