こんな話あんな話
投資の方法は無数にあるようにみえるが、実際にやろうと思うと、二つに絞られてしまう。一つは不動産であり、もう一つは株である。ほかに美術品や骨董品に投資するとか、自分の専門知識を磨くためにお金を使うとか、あれこれ考えられないことはないが、それは、個人の趣味や関心事とかかわりのあることで、一般的な、誰にでも通用する投資といえば、やはり不動産と株ということになろう。

邱 永漢『シルバーグレーの金銭学』より


あんな人こんな人

戻る