こんな話あんな話

オレは、作詞家の阿久悠さんて人が好きなの。
保土ヶ谷に住んでた。
三万五千円で二DKぐらいのアパートにね。
それで、あの人、つい最近よ、伊豆に越したね。
一億五千万の邸宅造って。
オレ、立派だと思った。長者番付ボンボン出てるあの人が、保土ヶ谷の三万五千円のアパートなんて、みんな信じなかったものね。でも、あの人が、もし東京で二十万か三十万かのマンションで、外車、キャデラックなんかにボックンボックン乗って、ワオワオやってたら、あんな家なんか建たない。
ところが、おかしなもんだ。
家が建ったとたんに、まわりは何を言う?
「あれは、金、力一杯ためてきたんだ」
てめえにできないことをやると、そう言うんだよ。まわりは…。
てめえは、それじゃ何やってた?
「うん、結構オレ、ナウに暮らしてたよ」みたいな感じ。
ナウなんかじゃないんだよ。使いまくって遊んで、カラッケツになってるだけだ。
そんないやなもの、たくさん見てきてる。


矢沢永吉激論集「成りあがり」より


あんな人こんな人


戻る