こんな話あんな話


マンション経営にとって一番の問題は空き室ができることです。
空室率が上昇すれば、その分賃料収入は入ってきません。
空き室でも借入金の返済などの必要経費はかかりますので、収益性やキャッシュフローは悪くなります。
空室率上昇の要因はさまざまで、長期的な予測は困難です。
ワンルームマンションが儲かるとか儲からないとかという話も、家賃収入があってこその話です。
業者によっては家賃保証もしますが、手数料は安くはありません。
それも建物が新しいうちしか保証されません。
本当に家賃を保証してもらいたいのは、物件が古くなってからなのに、そうではないのです。
新しい物件の場合、当然ながら借り手は探しやすいのです。
だからそういう時だけはテナント保証するのです。
それでもテナントが入らない場合、業者は賃貸料の値下げを要求してきます。

『借金国家から資産を守る方法』‐不動産編‐
  前田 和彦 著より

あんな人こんな人


戻る