こんな話あんな話


たしかに、女性の社会進出によって、女性の生き方は多様化し、結果として夫婦のみ世帯の増加など、家族形態も多様化したが、必ずしも幸福の形が多様化したというところまではいっていない。
もちろんこれは社会が過渡期にあるからかもしれない。
が、少なくとも現状では、最も階層意識が高く生活満足度も高いのは裕福な男性と専業主婦と子供のいる家庭であり、次いで裕福な夫婦のみの世帯である。未婚でも既婚でも、一人暮らしでもパラサイトでも、子供がいてもいなくても、専業主婦でも共働きでも、同じような階層意識と満足度が得られるほど多様化した状況にはなっていないと言えるであろう。


  『下流社会』−新たな階層集団の出現ー
  三浦 展著より

あんな人こんな人

戻る