こんな話あんな話
いま、アメリカの小中高約二万校で、株式投資を教えているそうです。株式投資と言っても、本当に株を買うわけではありません。例えば今日、ソニーの株を三千株買うと仮定する。何度か売り買いをして、三ヶ月後なら三ヶ月後と決めて、その間のパフォーマンスを競うわけです。そういうことを小学生、中学生がやっている。(中略)

小学生が新聞の経済欄なんかに目を通す必要はありません。ましてや株式欄に目を通す必要などまったくない。もっとはっきり言うと、社会に目を開く必要すらない。そんな暇があったら漢字を、国語をきちんと学び、足し算、引き算、掛け算、割り算、分数、小数をきちんと学ぶことです。この方が圧倒的に重要であって、経済や社会のことを考える必要などありません。


『国家の品格』 藤原 正彦 著より

あんな人こんな人


戻る