こんな話あんな話

子曰く。吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)う。七十にして心の欲するところに従いて矩(のり)を踰(こ)えず。[為政]

先生はいわれた。わたしは十五歳のとき、ひとつ学問で身を立ててやろうと決めた。三十歳のころ、なんとかこれで食ってゆけそうだという自信めいたものがでてきた。四十歳になって、もっとべつの生き方もあったんじゃなかろうか、とは考えなくなった。
五十歳をむかえたとき、おのれの能力の限界が見えてきて、結局これがわたしに与えられた運命だったのだと合点がいった。六十歳ともなると、どんなに気に食わない意見を聞いても、そんなに腹が立たないようになった。七十歳のいまとなっては、せいぜい派手にやらかしたつもりでも、はた迷惑をしでかさなくなってしまった。

 寝床で読む『論語』
〜これが凡人の生きる道〜 

山田史生著より

あんな人こんな人


戻る