こんな話あんな話



銀行預金はもちろんのこと、投資信託から生命保険まで、あらゆる運用商品には一つの共通点があります。
それは、すべての商品はプロも含めた取引によってマーケットで価格が決定され、そのマーケットから得られる収益をパッケージにして、売り手と顧客で分かち合う構造になっているということです。
ですから、ある運用商品を売ることによって売り手がいくら儲けることになるのか分からないのであれば、あなたはその商品を理解したとは言えません。
理解できないものを買うべきではありません。

『投資バカにつける薬』   山崎元著より

あんな人こんな人


戻る