こんな話あんな話

 
わかる


やけどについて辞書を引くと

やけど(火傷)・ヤケ(焼)ド(処)の意。皮膚が火・熱湯などに触れて、ただれそこなわれること。またその痕。

大体こんなふうに書いてあります。ペーパーテストならば、そう書けば、まぁ正解ですね。これはやけどというものを、知識として頭で理解するわかり方ですね。もう一ツのわかり方があります。
うっかりして、焼けたアイロンに手をふれてしまいました。その瞬間、「アチッ!!」
全身で飛び上がるような熱さ。そのあと、ひぶくれができて痛いこと痛いこと。
頭でわかることとは根本的に違います。
どっちのわかり方が本当でしょう?

                             (一九八六年一一月一日)

                                              相田 みつを著
                                              『生きていてよかった』より

あんな人こんな人


戻る