こんな話あんな話



人がいっせいにあることを口にするような時には、すでにそこにいささかの流行と
誇張の部分が発生したと見なして、私は自動的に用心することにしている。

たぶん私たちがほんとうに困った時に、助けてくれるのは、けっして経済的に余裕
のある人でもなく、権力者でもないのです。
それは、苦しみと悲しみを知っている人、なのです。

『「いい人」をやめると楽になる』  曽野綾子 著より

あんな人こんな人

戻る