こんな話あんな話


私の好きなスター その3・・・京山 幸枝若

初代京山幸枝若は、浪花節(浪曲)の大スターで、高音でノリのよいテンポの幸枝若節を作り、歯切れの良い啖呵で任侠物の「会津の小鉄」や、面白可笑しい「左甚五郎」を演じ戦後の浪曲界を支えた人物です。

今年23回忌ですから、30代半ばの年頃であった当時の私も、父親が幸枝若が好きだったこともあり、テレビでは何回もその節回しを観たことがあります。

(平成25年7月14日)大丸心斎橋劇場で二代目京山幸枝若の独演会を見に行きました.
お客さんの年齢層が少し高めなのは気になるものの、十分現在の20、30代の人にも受け入れられる芸だと感じました。

ご縁があったら一度体感してみては如何ですか?                                   

あんな人こんな人


戻る