こんな話あんな話

盲導犬オスカー刺されてもほえず、出血も耐え歩く

<盲導犬>数カ所刺されてもほえず…出血も耐え男性と歩くさいたま市の全盲の男性(61)が連れていた盲導犬が先月、何者かに刺され、けがをする事件
があったことが分かった。
買主が仕事先に向かう電車内で被害に遭った可能性が高いとされるが、訓練された盲導犬のため事件当時もほえるのを我慢したとみられる。
県警武南署は悪質だとして器物損壊容疑で捜査している。
刺された盲導犬はラブラドルレトリバーの雄で9歳の「オスカー」で、右の腰付近を先のとがったもので数カ所刺されたとみられる。
7月28日午前11時ごろ、さいたま市の自宅を出てJR浦和駅から電車に乗り、東川口駅(埼玉県川口市)で下車。同駅近くのコンビニエンスストアに寄って仕事先に到着した際、同僚がオスカーの着ていたシャツに血が付いているのを見つけたが、シャツには穴は開いていなかったという。
コンビニの防犯カメラには血の付いたシャツを着たオスカーが映っており、同署は電車内で刺された可能性が高いとみている。
動物を傷付けると動物愛護法違反罪(2年以下の懲役か200万円以下の罰金)も適用されるが、悪質なケースや飼い主が明確な場合などは器物損壊罪(3年以下の懲役か30万円以下の罰金もしくは科料)が適用される。
 男性の知人で、警察の事情聴取に同席した動物愛護団体役員の佐藤徳寿さん(43)によると、買主の男性は「事件のショックで外に出るのが怖い。卑劣な行為で、犯人には罪を償ってほしい」と話していたという。 
武南署は「盲導犬は飼い主や周囲に迷惑をかけないように、むやみにほえないよう訓練されている。それを知っていての犯行で非常に悪質だ」としている。

毎日新聞 8月27日(水)

『本当に最悪の神経の持主が起こした事件です。最低の人間のすること・・いや、人のすることではない行為です。』

あんな人こんな人


戻る