こんな話あんな話


2015年5月には『週刊ポスト』で、“アジアで最も有名な日本人女性となった「AV女王」”として、蒼井そらのことが報じられている。
新聞通信調査会が2012年1月にアメリカ、イギリス、フランス、中国、韓国、タイで国際世論調査を実施して、「知っている日本人の名前」を1名挙げてもらったところ、蒼井そらが中国で3位、タイで2位にランクインしたという。首相やメジャリーグのイチローなどを含めての結果なので、その凄まじさがわかる。

「今、日本に中国人の方がたくさん観光で来るけど、みなさん、雨が降ると喜ぶ。なぜ喜ぶかっていうと、一日中、ホテルの部屋に籠ってアダルトビデオを鑑賞できるから。ホテルは見放題なので、もう本当にこの世の天国みたいな、毛沢東万歳と、思わず言いたくなるような世界がそこにあるわけです。
だから、みなさん、秋葉原だの富士山だの家電爆買いだのって表向きには言っているけど、そんなことはない。やっぱり日本といえばAV。
それがナンバーワンです。日本人が中国に与えたことは食の安全の文化とか、技術開発とかたくさんあるけど、1972年に田中角栄さんが訪中してから43年も経ちますけど、日本が中国に与えた最大のものはAVですよ。性の文化を中国人たちに与えたんですから。」

『AVビジネスの衝撃』  中村淳彦 著

あんな人こんな人


戻る