こんな話あんな話


不動産も企業も、どれだけ収益を生むかという観点から価値を測り直される時代を迎えたということだ。
売り上げシェア至上主義も土地神話ももはやご利益はない。
新しい時代を乗り切るためには、頭を切り替えて立ち向かうしかない。
だから、不良債権ビジネスを知っておいたほうがいい。
不良債権・不動産投資のプロのやり方を導入すると、便利なこともある。
一般庶民にやりやすいのは、不動産に投資するときに、自分のシナリオに基づくDCF法計算をしてみることだろう。

              和田 勉 著 『企業再生ファンド』より


あんな人こんな人

戻る