こんな話あんな話

本書は、まぎれもない傑作である。
それは小池重明という題材に恵まれたからではない。
本書を傑作たらしめているのは、小池重明に対する、著者団鬼六氏の思いである。
小池重明と団鬼六という、ふたつの傑出した才能が出会わなければ、本書は生まれ得なかった。
読者としての私は、本書が与えてくれた至福の時間を、その出会いに感謝するのみだ。

                                解説:大沢 在昌
『真剣師 小池重明』
 団 鬼六著

あんな人こんな人


戻る