気になる数字【48.7歳】

TVドラマ「白い巨塔」の人気が凄いらしい。“田宮二郎”版もビデオで結構見られているようです。そうそう、この間(1/22)文部科学省の調査で大学病院の医師や大学院生の「名義貸」【7万3562人中の1161人(1.57%)が診療もせずに報酬を受け取ったということです。】のニュ−スも、このドラマの人気のお陰でリアリティが増しました。
バブル時「名義貸」と言えば、“不動産屋”の専売特許みたいなものでしたが、ところが現在は様変わりして、業界は空洞化しているようでもあります。
ネットサーフィンしていて面白い数字を見つけました。
宅建資格登録者総数は全国で約71万人内就業者は約25万人(全国の宅建従事者はその倍の約50万人,離職率が高いので実数はもっと多いはず…)、その内2割強が女性です。
1事業所5人に1人以上の宅建資格が必要だという数値は十分確保できます。
ところが、取引主任就業者の年齢階級別の構成比(下表)を見てみると、29歳以下の比率が極端に少ない。いや、資格登録者自体も少ない。何故か?
そして取引主任者の全国平均年齢は48.7歳 … 思ったより高い?低い?

資格
登録者

主任者証交付

就業者

29

4.0%(28,529

5.8%(24,486

 5.8%(14,910

3039

17.9%(126,845

21.5%(91,467

23.0%(58,722

4049

20.2%(143,375

21.8%(92,617

22.2%(56,654

5059

28.5%(202,626

28.2%(119,880

28.3%(72,152

6069

17.6%(125,046

15.8%(67,472

14.3%(36,362

70歳〜

11.8%(83,860

 7.0%(29,898

6.3%(16,176

不動産適性取引推進機構(平成15331日)


2004.1.25


戻る