気になる数字30万円

厚生労働省は年金保険料の未納問題の対策に乗り出し、保険料未納者への強制徴収で財産調査を拒否すれば、最高30万円(企業なら同50万円)の罰金を科す仕組みを導入する案が考えているらしいとのことです。
年金未納問題がこれほど大騒ぎになるとは、1ヶ月前には考えもしなかったことです。
そう言えば最近こんな話を聞きました。
国民年金を銀行口座引き落としていたのに、ちょうど引落し日に残高が不足していて、翌月に2ヶ月分引き落ちると思っていたそうです。
そして3ヶ月程すると住んでいるマンション1階のオートロックドアーのインターホンから「**さん!国民年金が未納になっていますので、徴収に来ました!!」って叫ばれたそうです。
一体何事か? 
これまで全く無反応だったのに、一転してサラ金の取立てもどきの集金とは・・・反動とは恐ろしいものです。
物事の程度を知らないということは、凄い事です。
よくよく考えて仕組みを考えて、そして実行して欲しいものです。


平成16年5月18日



戻る