■気になる数字■・・・【82.7%】

内閣府の世論調査(平成14年5月)によると、今後、株式投資を行ってみたいと思うか聞いたところ、「どちらかと言うと行うつもりはない(保有している方はどちらかと言うとやめたい)」5.6%+「行うつもりはない(保有している方はやめたい)」77.1%と否定的に答えた人の割合が82.7%となっている。同じく、投資信託87.5%・国債87.7%・社債89.8%とそれぞれ非常に高い数字が並んでいます。
又、証券投資を行う場合には、証券会社と銀行・信金等の金融機関のどちらと取引したいかという質問には、証券会社12.1%・金融機関22.3%・使分けたい6.5%の割合であり、興味深いものとなっています。

内閣府ホームページhttp://www.cao.go.jp/

                       H14.8.25


戻る