気になる数字【13,962店/299,400人】

年末の銀行店舗のキャッシュコーナーにできた長蛇の列は、例年に比べても長かった。
可愛いお嬢サンのいる窓口でなく、優秀な機械を使って欲しいということであるでしょうが、利用者からみると不便さを感じる。
12月27日全国銀行協会の調査で、銀行店舗が13962店になり、ピーク時の94年から約3千店の減少。
銀行員は
299400人でピーク時の3分の2に減ったという。

理由はともかく、利用者はそれをどう感じているのかも察して欲しい気持ちです。

2004.12.29


戻る