気になる数字2.8%

平成16年度の家計貯蓄率が昭和30年以降で最低になっているそうです。

団塊世代の退職などで、これから全体としても所得は減り、消費はそれなりの数字を保つので、貯蓄率はこれから一層低下する予想です。

米国は貯蓄より消費の数字のほうが多くて、ローンに対する意識も日本人とは大きく違うものだと思ったのですが、実は日本ももうすぐそうなるのだとやっと分かりました。

 

12年度

13年度

14年度

15年度

16年度

家計貯蓄率(%)

7.6

5.1

4.5

4.1

2.8

国民経済計算確報(内閣府)

平成181月14日




戻る