【気になる数字】約8割

金融広報中央委員会の調査で、全国の小中高生87447人に「お金より大事なものがあるか」という質問に対して、約8割が「そう思う」と答えている。子供の心は純粋で、そういう答えを聞くとホッとするものです。実は大人だって本音はそう思っているんですよ、でも実社会では往々にして、目先のことでその大事なものを忘れてしまうことがありますね。

また、「お金が一番大切か?」という質問いついては、「そう思う」は高校生の30.1が一番高く、小学生では低学年25.2%・中学年16.3%・高学年12.2%・中学生26.6%となっている。子供の気持ちも色々考えて答えてるような気持ちが伝わって来そうな数字に感じます。

平成18年5月18日


戻る