【気になる数字】


87万世帯の富裕層



金融資産1億円以上の世帯数は、約87万世帯で100世帯の内、1.7世帯は富裕層となります。
確か、少し前に耳にしたときのそれは50万世帯だったから、いやに増えているのです。
金融資産5000万円以上になると、約333万世帯にのぼり、こちらは100世帯の内、7世帯となります。

多分そういう人は同レベルの仕事仲間、友人、親戚が集まっているはずです。
その対極にあるフリーターやニートは約300万人と言われていて、多重債務者や生活保護世帯、ホームレスもそれぞれ増加傾向というから、やはり格差はすごく二極化している。
一見他人事と思いがちですが、自分は上に向っているのか、下に向かっているのか、よく考えてみる必要はあるようです。

平成18107





戻る