【気になる数字】…5095万件

昨日、公的年金の保険料納付記録5095万件の払い主不明の調査をすることが決まりました。このことを決めるのに何年も要するのか不思議ですし、情けなくなりました。
年金不払いと言うが、おそらく反対に多めに受給している人も居そうですし…もう無茶苦茶です。

民間の保険会社が不払いで叩かれたのはついこの間のことでしたが、民間の保険会社は自社のデータを精査して調査したのと、社会保険庁の「疑念のある人は相談窓口に来て下さい。」という態度とは雲泥の差です。その上、10億円の予算を付けてする一丁前の仕事として調査するのです。
全ての保険は信用なくして成り立たないし、ましてや国の公的保険です。

これが日本という国自体に失望することにつながることは、凄く怖いことだと思います。

2007.5.26


戻る