【気になる数字】

 69.5%・・・将来が不安・悩みだと感じてる人

内閣府が発表している「国民生活に関する世論調査」(年1回調査)によると、日常生活の中で、悩みや不安を感じてると応えた人が“69.5%”(昨年比1.9%増)だという。その不安や悩みは20代でも63。3%で、最も高いのは50代の76.2%でした。(つまり、50代の4人中3人ということ)

何が不安・悩みなのかというと、「老後の生活設計」「自分の健康」「家族の健康」「今後の収入や資産の見通し」と続いています。日本人が長生きするようになっての“不安・悩み”とも言えるようですが、兎に角、10人中7人が将来に“不安・悩み”を感じているということはとんでもないことじゃありませんか。

2007.10.25


戻る