【気になる数字】


終値8276

1日の新聞で「今後3カ月の日経平均株価の下値は1万1000円程度とみている。だが金融機関の破綻が相次いだりして、さらに金融危機が深刻化すれば、一時的に1万円を下回る可能性もある。」という有名アナリストのコメントを読んだばかりなのに、10日の終値は8276円です。

1週間で3000円超の下げですから、予想もつかない状況だということがよく分かりました。
個人の含み損も20兆円超にもなるようで、深刻さは尋常な数字ではありません。

こういう時は、むやみに攻めに入る人は少ないでしょうが、辛抱の上にも辛抱する状況がくることも頭の何処かに置いておかないといけません。

でも、街を歩く談笑する人達には、そういう不安で深刻な空気は感じられませんでした…




2008.10.11



戻る