【気になる数字】

ローン減税600万円

世界的な金融危機で株式市場からの調達が冷え込んでいる状況から、大企業が銀行からの資金調達にシフトした結果、全国銀行の貸出残高が16年ぶりに前年同月比3.6%増加したというじゃないですか。
全国の信用保証協会が07年度に企業の借入金の返済を肩代わりした額(代位弁済額)は7943億円と、前年度より16%増えたことは02年度以来5年ぶり。
11月までの倒産件数はすでに昨年1年分を超え、11月の国内新車販売は27%減(前年同月比)、工作機械受注額は62%減(同)と大きく冷え込んでいます。
麻生総理大臣もがんばって、過去最大の600万円の住宅ローン減税案などを発表。

これについて、知り合いの不動産屋さんが「いつまでも住宅をこういう風に買わそうと…“変”やな…」ってポツリと一言。

※この600万円満額の減税になる世帯は、6000万円以上のローンを組む方のみが対象となります。
2008.12.15


戻る