【気になる数字】


3万2249人
…年間自殺者数

去年一年間に自殺した人は32,249人(男性7:女性3)で、平成19年に比べて844人減った。とは言っても交通事故の死者数の約5倍ですからとんでもないことです。
実数がこれですから、自殺しようと思っている人の数は想像するだけ恐ろしいことです。
平成10年に一機に3万人を超えますが、昭和53年から30年間女性のその数は大きく上下していませんので、一方的に男性の自殺が増えていることがよく判ります。年齢別では働き盛りの50代、40代が多く、原因では「健康」「経済・生活」「家庭」の順です。
平成9〜10年頃も景気は悪く、証券会社、銀行などの破綻がありました。
自殺者数と景気や経済の関係は深いと思いますが、今回の不景気は10年前より重症で複雑だと思いますが、自殺問題については教訓となる方策は考えられなかったようです。
経済大国なのに幸せになれない国では、意味ないじゃないですか。

2009.5.23


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る