【気になる数字】


不法占拠、34年間も…

大阪・道頓堀の有名たこ焼き店「大たこ」が市有地(4.4u)を不法占拠しているとして、大阪市が土地の明け渡しなどを求めた訴訟で、大阪高裁は1月29日、不法占拠を認め、明け渡しを命じた。「時効取得」と「不法占拠」の主張合戦があったのですが、そもそも大たこがそこで営業をしたのが1976年6月頃だそうで、1996年で20年経っていて、大阪市の出資する財団法人のHPにも観光名所のひとつとして取り上げられていたというから、大阪市の管理力不足は明らかだと思う次第です。


2010.1.30


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る