【気になる数字】


一年で33万人減少
    (建設業就業者数)


総務省の「労働力調査」(430日付)によれば、今年3月の建設業の就業者数は489万人で、33万人減少(前年同月比)している。この数字は1977年の496万人と同じだというからかなり昔のことです。で、33年ぶりに500万人を下回った。
最も多かった時(973月)の人数689万人と比べると30%減っていることになる。
この調査で大幅に増えているのは、医療・介護です。
これだけ大きなうねりの中で生きていくのは大変です、建設業の方々の心中察するに余りあります。

2010.5.14


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る