【気になる数字】30年間の空白・・・日本人の心

東日本大震災で出た岩手・宮古市のがれきが3日、品川区の「JR貨物」ターミナル駅に、コンテナ3基が到着、東北地方以外での広域処理がスタートした映像を観ました。
東京都は、今月で宮古市のがれき1000トンを処理し、来年3月までに1万1000トンを受け入れる予定。コンテナの放射線量を測定して、都民に情報を公開していくということですが、がれきの(全国の)受け入れ先は4月の調査から半年で1割以下に減少しているというじゃないですかぁ。(環境省)

色々理由はあるでしょうが、“困った時はお互い様”っていう気持ちって日本人の美徳じゃなかったですか?

そうそう、福島原発の「廃炉に30年以上」掛かるっていう報告書(内閣府)ありましたけど、唯一の被爆国が30年間、放射能とか原子力の授業をしてなかくって、来年の中学校の授業で復活するらしいよ、理由は何なの・・・なんか寂しい気持ちです。

2011.11.3


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る