【気になる数字】

年金減額800円とか

年金がどうなるかが気がかりです。
年金支給額は景気判断からストップしていた減額を今年から開始、国民年金を月約6万5700円もらっている人は約800円減り、厚生年金を夫婦で月約23万1600円もらっている世帯は月約2800円減少という。(産経新聞より)

当面、我々の生活は消費税含めて負担増路線になるのでしょう。
1973年の年金の物価スライド導入以来、引き下げるべき年金額を引き上げたり、据え置いたりしてきたのが、自民党です。日本の年金政策は“先送り”であった。

“今日よりも明日がよくなる”実感を期待したいのですが…
民主党って大丈夫?



2012.1.24

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る