【気になる数字】

 100歳以上で所在不明

全国各地で100歳以上の高齢者で所在がわからない人が14人(84日朝日新聞)となっていて、今後さらにその数は増えるのではないかということ。
厚生労働省によると、09年9月現在で100歳以上の高齢者は全国で約4万399人いるとされ、それなりに多数なのですが、やっぱり100歳以上の人ですからご近所でも話題になったり、気になる人のはずですよ。
それが居ても居なくても、分からないというからご近所だけでなく、親族との人間関係についても希薄さが感じられます。
この人数って、例えば100歳でなくて80歳だったらどうなるのか・・・暑い夏のとっても寒い話。

2010.8.4

読売新聞の調査では、不明者数は8月14日現在、20都道府県(52市区町)で計242人に上っている。

              


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る