【気になる数字】

競馬で所得税57千万円が…?

 523日大阪地裁で判決があった、競馬で稼いだ3年間の所得税約57千万円(払戻金301千万円)が馬券購入費を経費として認められたために、税額が5200万円になったというニュースが話題となりました。
男性は会社員(年収約8百万円)だったが、起訴後、今年1月に勤務先に促されて退職したらしいし、「妻は毎日泣いている」というから凄い経験をしたものであります。
税法的には、「一般に競馬で儲けた場合の“一時所得”」としてではなく、外れ馬券を経費と考えられる「資産運用の一種で“雑所得”」として認められたわけです。
いやいや、大騒動になった人生をかけた大きなレースでしたなぁ〜 
               

※馬券購入費の内、当り馬券購入費13千万円を含む

2013.5.24

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る