【気になる数字】

中国の世界一ビル・・工期10ヶ月??

ドバイのブルジュ・ハリファは着工から完成まで約5年。湖南省の世界一を目指した838メートルの超高層ビル「天空都市」は、地上202階地下6階、住宅4450戸ホテル250室で、学校、病院、オフィスなどを備え、3万人を収容するという。
注目の工期は、地下部分6ヶ月、地上部分4ヶ月の全部で10ヶ月です。その秘密は壁や床などのパーツを工場で生産し、それらを現場に運んで組み立てるという工法だそうだ上海の高層ビル建設に携わったゼネコン担当者は、「ビルの鉄骨もパーツもすべてボルト締めと聞いている。強風対策や耐震性に疑問がある」と話す。
「日本でも同じような工法が採用されていますが、ほとんどが2階建て、3階建てまでです。高層ビルは溶接が中心だそうです」と。


720日に着工式が行なわれた後、建築許可を得ていないと工事中止命令を受けて、その勇姿を見ることは出来なくなりました。    訳が分からないぞ、中国!!

2013.8.13

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る