【気になる数字】

日本球界ホームラン55本の壁

ヤクルトのバレンティン選手のホームラン数が半端じゃない!
831日現在で、すでに52本。
日本球界の金字塔、王選手の
55本を超えることはほぼ確実です。過去には、阪神のバースが54本で四球攻めにあい、近鉄のローズ、西武のカブレラも55本で並んだまま不自然なかたちでシーズンを終えました。

そうそう、1982年のシーズンの首位打者争いは、横浜大洋・長崎啓二と中日・田尾安志のハイレベルな戦いが続いていたが、運命の最終戦をわずか1厘差で迎えて、横浜大洋ベンチからはなんと全打席敬遠の指示が出ていたのだ。あまりにもファンを無視した茶番劇で、首位打者を獲得した長崎選手自身も批判を浴びることとなり、球界に大きな波紋を呼んだことも・・・

今回はそんなことがないとは思いますが、バレンティン選手には60本でも、65本でも打ってもらって日本球界のチマチマした過去を打ち消してほしいものですわぁ。

2013.9.1

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る