【気になる数字】

3%…女性幹部過去最高

わが国の省庁の幹部公務員(課長・室長職以上)の内、女性の割合が昨年10月時点でたったの3・0%と発表されましたが、それでも過去最高だそうです。(内閣府131日)

民間企業の割合は6・9%で、女性の管理職の割合は民間のほうが府省庁よりも倍以上高い。
欧米では軒並み30〜40%前後の割合で管理職が居るということですから、日本はかなり遅れているということです。

少子高齢化の時代、女性の社会的なポジションは欠くことが出来ないはずですから、女性の活躍の場はこれからどんどん広がっていくことは間違いありません。

平成26年2月2日


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る