【気になる数字】

 廃校526校(2009年度)

文部科学省が93日、全国の学校の廃校件数や再利用の実態についての調査結果を発表した。
2009年度に新たに廃校となった公立学校は全国で526校。内訳は、小学校332校、中学校87校、高等学校94校、特別支援学校13校。
廃校施設の再利用では、2002年度から2009年度までに廃校となった3671校のうち建物が現存するのは3310校。
この中で建物が老人福祉施設や保育所などの形で活用されているのは2295校(69.3%)。
反対に言えば約30%は活用されていないとうこと。
大阪市内の中心部でも高層マンションが建ち、少子化の時代にも拘らず児童が増えて小中学校が手狭になっているところも多いとか…うまいこといかないもんです。

2010.9.17

 

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る