【気になる数字】

「億ション」施工ミス売主34億8600万円支払い

東京都港区南青山7丁目で事業主:三菱地所レジデンスの今年320日に引渡し予定の高級マンションで施工ミスが分かって販売中止、契約解除の大失敗となりました。

この物件は総戸数86戸中83戸が契約済みで、平均価格帯14000万円台だから、1割の手付金を返却して、迷惑料を2割23億円程支払うというから単純に考えてもざっと348600万円が必要ですね。
その上、既に自宅を売却した人には、半年分の家賃を負担するということです。
三菱地所側はは施工会社:鹿島建設に賠償を求めるとされています。さすが一流会社は”力”のあるところを見せつけてくれます。

人間のやることですから、ミスは付き物ですが、後の態度も大事ですけど、はたして事前の対応はちゃんとできていたのかな?

【過去の施工ミスの記事】
http://facta.co.jp/article/200803036.html

tp://tokyufubai.bakufu.org/branz4.htm

平成26年2月9日

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る