【気になる数字】

25%超・・・高齢者万引率

今年1〜9月に、万引きで摘発された65歳以上の高齢者が2万82人に上り、過去最悪だった昨年を超える数字が警察庁のまとめでわかった。
9月までに摘発された万引き犯は昨年同時期並みの計7万6747人。
世代別では14〜19歳の少年が昨年より154人減って2万681人、高齢者は141人増えた。(昨年まで19年連続増加)


問題は万引きの理由が「生きがいのなさ」や「友人がいない」などだという点です。
調査対象の高齢者のうち独身が55・4%、独居40・2%で、全体の89・7%が友人は「いない」か「少ない」と回答しているというから、100歳以上の高齢者の行方不明や生死不明が相次いで表面化したこの夏のニュースとも重なります。

とても悲しい犯罪で、「長寿」ってどういう意味があるのかという重い問題です。

2010.10.17

 


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る