【気になる数字】

医療費、初の40兆円超え(2014年度)

厚生労働省によると、昨年度の医療費総額が初めて40兆円を超えたという。

13年度よりも7000億円増えた結果で、医師向けの増加は4000億円、歯科医師が1000億円、薬局が2000億円がそれぞれ増えた。

国民の4人に1人が65歳以上になっていて、高齢化が急速に進んでいるというのが主な理由ですけど、今でも国民所得の1割で、25年度は50兆円を超える予測ですから大変です。

複数の医療機関に通院していると、ついこの間やった血液検査をまたやったり、他のところで服用している薬を確認しないで、「はい、この薬で様子を見てください」なんて…どんどん副作用の影響が心配になっている現状はなんで解消できないのか?
当局には、地に足の着いた策を講じて欲しいな!

2015.9.6

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る