【気になる数字】

10年に短縮…無年金救済

政府は来年度中に、年金を受け取るのに必要な受給資格期間を、今の25年から10年に短縮する方針を示しました。
厳しい無年金の方には悪い話ではない。
国民年金は年額
781000円(平成27年度)が満額ですから、納付期間10年の方は大よそ4分の1の約20万円弱の年金額です。
それは月額にして約1万6千円ですよ。
とても、今の年金制度を正当化することのできる金額ではないことがよく分かりますでしょう。
それでも、国としては財源としては年650億円が必要だそうですから、消費税10%増税を先送りした政治家先生の”猫だまし作戦”はいつまでも続かないことは明白です。
もっと抜本的な解決策を提示して欲しい…先生には。

なにか馬鹿にされているようで、何か寂しい気持ちです。

2016.8.7


今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る