【気になる数字】

14歳のプロ棋士

2016年の10月に、史上最年少プロ棋士が誕生しました。
藤井聡太四段、14歳と2か月という若さです。
これまで、中学生でプロになった棋士はたったの5人しかおらず、トップ棋士の方々ばかりですが、中学2年でプロ入りしたのは、谷川九段に続いて藤井聡四段が2人目です。

12月24日食事休憩を含め10時間43分に及ぶ大熱戦のすえ、将棋の史上最年少プロ・藤井四段が、62歳年上の現役最高齢棋士・(かつて神武以来の天才と呼ばれた)加藤一二三九段(76歳)を下し、上々のプロデビュー戦を飾った。スポーツの世界のみならず、将棋界にも凄い若手が現れたものです。

※今年は映画では「聖の青春」、三浦九段の将棋ソフト不正使用疑惑問題など話題の多い一年でしたね!

平成281229

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る