【気になる数字】

無資格で40年間司法書士

今月14日、無資格で遺産分割などの法律業務を行っていた東京都の81歳の男性が逮捕されました。アパートの家主から依頼されて、家賃滞納者の立退き交渉(弁護士業務)も行っていたそうです。40年間で12千万円儲けていたそうですから、仕事はできた人だったんでしょう…

我々不動産業界では、宅建を持っている人が全社員の1/5いればいいのです。宅建業法では、代表者・役員・従業員が含まれ、受付、秘書、運転手等の業務に従事する者も対象となっていますから、例えば、経理の事務員さんひとり宅建を持っていれば、あとの営業マンや社長が宅建を持っていなくてもOKなんです。

不動産仲介営業マンにとって宅建の資格は必要不可欠ってわけでもありません
これってアカンやろ~!

平成29年6月17日

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る