【気になる数字】

日本人43万人減少/外国人17万人増加

総務省の発表で、国内の日本人は前年より43万人強少なくなって1億2477万人。

10年連続の減少で、昭和43年調査以来、初めて減少数が40万人を超えたそうです。
出生数が死亡数を下回るのも、12年連続だそうですから、少子化に勢いがついている様子が数字にも反映されている。

1年間で40万人というと、大阪府下だと東大阪市の人口が49万5千人、枚方市が40万1千人ですから、ほぼそのくらいの都市が無くなっている感じの人口減少です。
これって凄いことじゃないですか?
そんな中で東京圏は7万人人口が増えているって、
いまだに「東京一局集中」なんですね!

2019.7.11

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る