【気になる数字】

鳥取県が消えるくらいの人口51万人減少

今年生まれた赤ちゃんが86万4千人で、出生数が死亡数を下回る人口の「自然減」も51万2千人と初めて51万人余り、少子化・人口減が加速しているということです。その数字は、なんと鳥取県の人口に近い人数だということだから深刻さが実家出来ます。予想を上回るスピードで日本の人口が減っているということは、国力の衰退に繋がるらしいから、なんとか食い止めたいと思いますが、64歳の私にはどうしょうにもありません。政治家の皆さんには、桜を見るのもいいのですが、出生数を増やす対策も考えていただきたいと思います。

2019.12.25

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る