【気になる数字】

孤独死/2日以上2996人(昨年大阪府)



朝日新聞によると、昨年1年間に誰にも看取られないまま屋内で死亡し、2日以上たって見つかった遺体が2996人。
1ケ月以上のケースは、382人だったということが大阪府警の調査でわかったそうです。
65歳以上の高齢者が多く、男性が多いというのは想像の範囲内ですが、40~50代の比率も18.4%と高く、雇用の不安定化がこの世代の孤立化を深刻にしているのだという。
働き方改革なんて指示している人には、到底理解できないことだとは思いますが・・・国が取り組むべきテーマには間違いありません。

2020.2.7 バックナンバー

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る