【気になる数字】

裕福な62人の資産=下位36億人分


違法献金疑惑の最中、甘利経済再生相がスイスのダボス会議に出かけました。
国際NGO「オックスファム」の報告を新聞で見ましたが、世界中の富裕層とそうでない人の格差は年々拡大しているとか・・・ 
世界で最も裕福な人上位62人の資産合計は、経済的に恵まれない下から半分36億人分のそれと同じだということです。

2010年は上位388人で、14年は上位80人分、15年は62人分と、格差は拡大して、ここ5年で上位62人の資産合計は約206兆円と44%増えたとある。
経済的に恵まれた頭脳明晰な人達の集まる「ダボス会議」で、格差解消の話ははたして真剣に話し合うことができるのか?
甘利大臣もそれどころではないでしょうしね。

平成28年1月23日

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る