【気になる数字】

不良債権10兆円割れに…

金融庁は、今年3月末時点で全国の金融機関が抱える不良債権が、1年前より11千億円少ない91千億円だったと発表した。

2002年(平成14年)の43兆2千億円の1/4に減ったことになる。

融資に対する不良債権比率は2002年8.4%から1.6%に下がっているので、景気がよくなってお金の流れが良くなっていることがハッキリした。

ただ、信用金庫のそれは5.5%、信用組合は7.2%と中小金融機関の貸出先はそれなりに疾駆八苦している雰囲気が感じ取れます。

20015,8.8

今までの”気になる数字”のコーナー ←クリックでどうぞ!

戻る