2005. 3 信託受益権販売業者って何者?
2005. 2 税制と不動産の悩ましい関係
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 固定資産税精算金と消費税
2004.11 敷地権と古年マンション
2004.10 売買取引の習慣、大阪と東京の違い
2004. 9 自宅マンションの収益力って何ですか?
2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 不動産と相続評価
2004. 6 修繕積立金
2004. 5 仲介手数料
2004. 4 立地・将来性と利回り
2004. 3 「道路」について
2004. 2 「すぐできる空室対策」
2004. 1 「短期賃貸借制度の廃止」の前評判は?
2003.12 来春,消費税が変る!
2003.11 ミスは何故起ったのか!
2003.10 中古の収益用不動産の値踏み
2003. 9 土壌汚染対策法と土地取引
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
history
2003. 7 収益用不動産と減価償却について
2003. 6 不動産情報とインターネット検索
2003. 5 −ややこしいぞ!−瑕疵担保責任
2003. 4 何年たっても不良債権処理その3
2003. 3 賃貸マンション建設と経営について
2003. 2 不動産の値踏み…公的価格と時価
2003. 1 平成15年の不動産市況について
2002. 12 賃貸物件の原状回復の問題
2002. 11 事業用不動産を買い換える時
2002. 10 続・何年たっても不良債権処理
2002. 9  定期借家制度の動向
2002. 7  マンション投資は危ないのか!ペイオフ対策・年金になりえるのか!
2002. 6  何年たっても不良債権処理
2002. 4  売買契約前の重要書類について
2002. 2  利回りについて
2001. 12 収益物件取引きの現状
2001. 11 路線価について

不動産マメ知識コーナー

 J‐REIT/大阪物件見聞録】
                 2005.4.

「J‐REIT」も16銘柄に増え、世間での認知度もアップしてきましたが、まだまだ個人投資家まで含めた裾野が広い商品とは言えません。
「J‐REIT」に投資している人は、その売買を含めて資産運用を“一任”しているわけですから、好きに個別物件を選ぶことはできません。
気がついたら「あの物件が売却されていた!」なんてこともあるわけです。

ベースとなる運用資産(収益用不動産)もこれ以上増えてしまってからでは、いかに地方都市:大阪と言えども見て廻ることは難しくなると思い、ザーッと見てまいりました。
今のところ「J‐REIT」内に占める大阪の物件数は下表のように少ないので、地元の人達でしたら一日あれば可能です。

銘 柄

物件総数(棟)

大阪物件総数

市内

府下

日本ビルファンド投資法人

44

 

ジャパンリアルエステイト投資法人

45

 

 

日本リテールファンド投資法人

26

 

 

オリックス不動産投資法人

47

日本プライムリアルティ投資法人

40

 

プレミア投資法人

25

東急リアル・エステート投資法人

16

グローバル・ワン不動産投資法人

 3

野村不動産オフィスファンド投資法人

19

 

 

ユナイテッド・アーバン投資法人

22

 

 

 

森トラスト総合リート投資法人

 9

 

 

 

日本レジデンシャル投資法人

60

 

 

フロンティア不動産投資法人

ニューシティ・レジデンス投資法人

57

 

 

 

クレッシェンド投資法人

21

東京グロースリート投資法人(大証)

29

計 16銘柄

469

19

写真はそれぞれ大阪市内の物件のみ 

※概ね3月中旬の資料で、それ以降にもジャスコシティ高槻、ダイヤモンドシティ鶴見、ベネトン心斎橋ビルなどが大阪地区で取得(予定含)されているし、東京圏の物件が売却されていたりしていて増減があります。

正直なところ大阪市内19棟の物件のなかには、さすが上場不動産投資信託と思わせるような大型物件があり、立地的にも優良物件があるように感じます。
でも[意外なほど築年数の経った物件]、[私募ファンドでもありそうな小振りな物件(特に住居系物件)]、[接道面でもうひとつかな!]の物件などもありました。

物件の選択を売買及び運用を一任している投資家としては、組成者の都合に100%お任せするしかありません。

今回のように現物を見てまわると“物件に投資している”というより、”物件の組成者に投資している”と実感した次第です。


戻る