2006. 1 重要事項説明
2005.12 路線価の3倍の土地
2005.11 続・民間入札の弊害
2005.10 容積率・建ぺい率
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 「敷引き」と判決
2005. 7 民間入札の弊害
2005. 6 自社ビル 購入か賃貸かについて
2005. 5 ”節税”に「不動産投資」は有効か?
2005. 4 J‐REIT/大阪物件見聞録
2005. 3 信託受益権販売業者って何者?
2005. 2 税制と不動産の悩ましい関係
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 固定資産税精算金と消費税
2004.11 敷地権と古年マンション
2004.10 売買取引の習慣、大阪と東京の違い
2004. 9 自宅マンションの収益力って何ですか?
2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 不動産と相続評価
2004. 6 修繕積立金
2004. 5 仲介手数料
2004. 4 立地・将来性と利回り
2004. 3 「道路」について
2004. 2 「すぐできる空室対策」
2004. 1 「短期賃貸借制度の廃止」の前評判は?
history
2003.12 来春,消費税が変る!
2003.11 ミスは何故起ったのか!
2003.10 中古の収益用不動産の値踏み
2003. 9 土壌汚染対策法と土地取引
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 収益用不動産と減価償却について
2003. 6 不動産情報とインターネット検索
2003. 5 −ややこしいぞ!−瑕疵担保責任
2003. 4 何年たっても不良債権処理その3
2003. 3 賃貸マンション建設と経営について
2003. 2 不動産の値踏み…公的価格と時価
2003. 1 平成15年の不動産市況について
2002. 12 賃貸物件の原状回復の問題
2002. 11 事業用不動産を買い換える時
2002. 10 続・何年たっても不良債権処理
2002. 9  定期借家制度の動向
2002. 7  マンション投資は危ないのか!ペイオフ対策・年金になりえるのか!
2002. 6  何年たっても不良債権処理
2002. 4  売買契約前の重要書類について
2002. 2  利回りについて
2001. 12 収益物件取引きの現状
2001. 11 路線価について

不動産マメ知識コーナー

 筆界特定制度2006.2.

1月20日から施行された「筆界特定制度」については、一般的に“土地の境界確定”自体が頻繁に起こる問題でもないので、新聞などでもそれほど取り上げているようでもなかったですね。新規の分譲地や分譲住宅を売買する時には、それほど問題になりませんが、土地だけや中古住宅の売買をするときに大きな問題になるのがお隣との境界確定です。

土地(建物付の場合を含む)の取引には、実測取引と公簿取引があります。
実測取引では隣地や道路との境界を確定しないと取引面積が出ませんが、公簿取引では実際の面積とは違っても登記簿記載の面積で善しとして、実際より広かろうが、狭かろうが取引金額は変りません。

案外勘違いしがちなのは、公簿取引だから測量は必要ないと決まっているわけではなく、公簿取引でも何処から何処までが自分の土地かは立会いして確認するのが当たり前ですし、売主側の費用でもって測量して実際の面積を確定してもかまわないのです。

「筆界特定制度」は実際の面積を明らかにする際に、お隣との筆界線の位置でもめた時に、従来は裁判による方法しかなかったのを、もっと速く・安くする方法として発足しました。

スタートしたばかりで、まだ経験している人もいないでしょうし、
制度の概要は
【法務省:TOPICSを見ておきたいと思いますので、宜しくお願いします。


戻る